医療に関する気になるニュースの最近のブログ記事

看護師さん向け、ラジオ日経さん主催の
オンコロジー・ナーシングセミナーのご案内ですhappy01

がん患者さんの口腔ケアについて2回に
渡って学んでいただくプログラムですup

是非、ご興味のあるナースの皆さん

チェックしてみてくださいねflair

がん患者さんの「治療と生活をつなぐ」
看護師向け企画「オンコロジーナーシング セミナー」
----------------------------------------------------------

がん治療における治療中の患者さんの「生活」に
焦点を当て、最新治療や薬剤の特性に起因する
副作用マネジメント、日常生活のサポートについて、
がん看護に携わる看護師に学んでいただき、
明日からの業務に役立てていただくシリーズです。

今回は、がん患者さんの口腔ケアについて2回に
渡って学んでいただくプログラムです。
座長には静岡県立静岡がんセンター歯科口腔外科
部長・大田洋二郎先生を迎え、下記講師を迎え
構成されています。
現在がん治療に携われ、患者さんのケアについて
必要な知識として口腔ケアを学びたい方は、
ぜひご参加をお待ちしています。

●10月16日(日) 外来通院治療を支える口腔ケア
講師/座長・大田洋二郎先生
静岡県立静岡がんセンター歯科口腔外科部長・中島 和子先生
静岡県立静岡がんセンターがん化学療法看護認定看護師・鈴木 美帆先生
静岡県立静岡がんセンター歯科衛生士
 
●11月20日(日) がん外科療法を支える口腔ケア
講師/座長・大田洋二郎先生
静岡県立静岡がんセンター歯科口腔外科部長・妻木 浩美先生
静岡県立静岡がんセンター摂食・嚥下障害看護認定看護師・鈴木 美帆先生
静岡県立静岡がんセンター歯科衛生士
 
[タイムテーブル]
13:00 開場・受付
13:30 講義開始
15:50 終了

開催日時/第1回・2011年10月16日
会場/主婦会館プラザエフ・東京都千代田区六番町15番地
・JR四ツ谷駅 徒歩1分
・地下鉄メトロ 南北線/丸の内線四ツ谷駅 徒歩3分

定員 各回100名様(申込み先着順)
受講料 各回3,150円(税込)
主催 ラジオNIKKEI、NPO法人キャンサーリボンズ
協賛 サンスター株式会社


申し込みは、以下のURLからお申込みください

  down
 http://www.radionikkei.jp/news/event/entry-207464.html
 (ラジオ日経HP)

 

ナースの転職サポートは、メディカルプラスsmile

http://www.medicalplus.co.jp/

アザラシをモデルにした

癒やしロボット“パロあざらし”が、
東日本大震災で被災した

高齢者のケアに一役買っているそうです音譜


福島県の介護施設では、

入居の高齢者の方々に
生活に張りが出るなど好評とのことアップ

パロは2002年にギネスブックで世界一宝石白

癒やし効果があるロボットと認められおり
計50体が岩手、宮城、福島3県の福祉施設に

無償で貸し出されているそうですひらめき電球


海外メディアでも紹介されています。

(読売新聞ニュース)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=45062

どんなロボットなのか
気になりますよね…ニコニコ

ゴマフアザラシの赤ちゃんという感じでしょうか!?
本当に可愛いですleftright

画像チェックしたい方は
こちらをご覧くださいhttp://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0511/18/news121.html

中央日報で興味深い記事を発見ひらめき電球

日本政府が民間企業や病院と組んで

病院病院をまるごと輸出するそうです目

日本の経済産業省は、

先進医療需要が増加している

中国・ロシア・ベトナム・カンボジア4カ国の6地域に
病院診療と医療機器をセットで提供する病院海外輸出を

 

日本人医師と看護師を日本の民間病院から派遣し、

東芝メディカルシステムス、テルモ、パナソニックなどが

日本の医療機器を提供するそうですパンチ!


海外でも日本と同じ治療を受けられるようにすることが目標とされ、
日本の医療技術・ノウハウを海外に普及し、
知名度を高め、中長期的に外国人患者の
日本誘致につなげるという

日本政府の中長期戦略に従ったものだそうです。

病院輸出と医療観光によって2020年までに1兆円の経済効果叫び
5万人の雇用創出を達成すると宣言!!


日本の医療技術は高いと思いますが
海外に医療職人材が流出してしまうのでは…という懸念も残りますよね目

今でもドクターやナースが不足しているのですから…ショック!

http://japanese.joins.com/article/788/141788.html?servcode=A00&sectcode=A00



政府は経済連携協定(EPA)に基づく

看護師や介護士候補者の受け入れについて、
ベトナムを新たに対象とする方針を決めたそうですビックリマーク

また、タイやインドからの受け入れも検討しているそうです…かお

言葉や文化の違いが大きな壁となり看護師国家試験の
外国人合格者は、全体の1%汗

医療の専門職という事に加え、言葉や文化の違いもあり
なかなか当初の政策通りにいっていないのが
現実なのでしょう…目


詳しくは、以下のサイトをチェックしてください。

         ダウン

http://www.nikkei.com/news/editorial/article/g=96958A96889DE1E3E0E7E6E1E1E2E0EBE2E4E0E2E3E38297EAE2E2E2

 

ナースの転職サポートは、メディカルプラス

MP.jpgのサムネール画像のサムネール画像

 

西日本新聞の連載時期です目


今回の震災について、毎日多くの報道がある今、
医療者である看護師の皆さんも
患者さんと向き合う中で、

様々な不安を感じていらっしゃる方も少なくないことででしょう…得意げ


西日本新聞の連載記事、是非、ご覧になって頂きたい内容です。

長崎出身の65才の女性は、母親の胎内にいた時に被爆し、
成人後、福島に嫁がれ、今回の震災を経験されています。

  ダウン
西日本新聞サイトです
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/250894


【連載】二つのヒバク地 福島と長崎<上>

(連載2二つのヒバク地 福島と長崎<中>使命 前例ない医療に誇り  

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/250896

 

(連載3)二つのヒバク地 福島と長崎<下>啓発 正しく怖がるために

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/250895


 ナースの転職サポートは、メディカルプラス

MP.jpgのサムネール画像のサムネール画像

メディカルプラス

カテゴリ

2011年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ